暮らしやすい住宅は注文住宅がおすすめ|物件選びのコツ

ロゴ

地震に強い家を建築する方法

注文住宅を検討している人は、デザインだけではなく地震に強い家かどうかということもきちんと考えなくてはいけません。建物の強さは地盤が重要となります。良いと思った土地は、必ず事前に地盤調査を行い、安心して建てられるのかというのを確かめましょう。

二世帯住宅を建築する場合の着工期間

将来的に親の介護が必要となる場合や、共働きで子育ての負担を軽減したいなどの理由で、二世帯住宅に関する関心が高まっています。しかし、家を建てるとなりますと、一般的には半年から1年程度建築に時間が掛かりますので、その間何処に仮住まいをするのかなど、きちんと決めておきましょう。

新築を建築する前に下調べするポイントBEST5

一軒家
no.1

快適な土地かどうかを調べる

注文住宅を建てる場合には、事前に必ず購入予定の土地の下調べを行いましょう。最も重要となるのが、快適な土地かどうかです。日当たりが良くて、自然の風が通るのが理想の土地となります。自然の風が通れば、冷暖房費の節約にも繋がるでしょう。また、積雪量や凍結頻度によっては、建物の素材選びや設計も変わってきますので注意が必要です。

no.2

土地の安全性や地盤条件を調べる

東日本大地震以降、注文住宅を建てるのであれば地震に強い家を求める人が増えています。自然災害に強いエリアかどうか、購入予定の土地の地盤条件が良いかどうかというのを必ず調べましょう。近くに山や川がある場合には、安全対策の確認を事前に行って下さい。

no.3

抵当権や借地権を調べる

土地を購入する場合には、事前に土地の売り主と持ち主が同じ人なのかどうか、土地に銀行などの抵当権や借地権が付いているかどうかの確認を必ず行いましょう。また、その土地が「建築条件付宅地」であった場合には、どんな条件なのかというのも調べておく必要があります。

no.4

法律的に家を建てられるのか調べる

敷地が道路の2メートル以上接しているかどうか、市街化調節区域ではないか、都市計画道路区域内かどうかというのも事前に調べておく必要があります。その他にも、高さ制限や用途地域・防火制限など様々な条件がありますので注意をしましょう。

no.5

周辺チェックを事前に行う事

気になる土地を見つけましたら、まずは曜日や時間帯を変えて何度も足を運んで調査を行う事が大切です。街の雰囲気は1回や2回程度足を運んだだけではわかりませんので、余裕があれば実際に歩いてみましょう。公共施設や自然環境・交番や警察署の位置なども事前に確認しておくと安心です。

住宅展示場を東京で申し込み

後悔しないマイホーム【1からつくる注文住宅の魅力】

インテリア

注文住宅を専門業者に依頼するメリット

注文住宅を専門業者に依頼すれば、欠陥住宅や手抜き工事を防ぎやすいというメリットがあります。欠陥住宅を防ぐには、工事の管理が重要となりますが、専門業者であればチェックされる側とする側ではっきりと分けることが出来ます。また、デザインにはこだわりたいという場合にも、法令や予算以外の制約は一切無いので自由に設計をする事が出来るでしょう。

岡山で中古一戸建てを販売している不動産会社ならコチラ!