事前に購入の流れを知っておこう【一戸建て物件の購入術】

ロゴ
>Topics>一戸建て物件の購入の良さを知ってマイホームをゲット!

一戸建て物件の購入の良さを知ってマイホームをゲット!

模型

分譲住宅の購入の魅力

分譲住宅は一戸建てに比べますと、費用が安いというメリットがあります。土地と建物を別々で購入しないため、支払うべき金額が明確で解りやすいというのも嬉しい点です。また、分譲住宅の場合は最初から部屋の間取りも住みやすいように出来ているため、実際に購入をして住み始めても、住みにくいとは感じにくいのも魅力です。

一戸建てや中古一戸建ての購入の手続き

女性

売買契約を結ぶ準備をする

一戸建てや中古一戸建ての購入を決めた際には、必ず購入の意思を伝えるべく購入申込みをする必要があります。その際には申込証拠金として、2~10万円程度のお金が必要な物件もあります。そこから10日後ぐらいに、重要事項説明を受けて売買契約を結び手付金を支払います。

重要事項説明を受ける

重要事項説明では、重要事項説明書が渡されて、土地建物取引主任者による書類内容の説明が行われます。不動産用語や法律に関する説明が多いため、わからないからと言って適当に流すのではなく、事前に書類のコピーを受け取って細かいところまで内容をチェックしておきましょう。

住宅ローンを選んで契約する

土地も購入する場合には、住宅ローンによっては土地の引渡しから家が完成するまでの間につなぎ融資が必要となるケースもあります。土地の購入先や建築を依頼する会社などに、事前に土地代金に充てる借入金が、土地の引渡しまでに支払われるかどうかというのを確認しておきましょう。

建物の状態をチェックして引渡し

物件の引渡し前には必ず建物の内覧を行います。新築・中古一戸建てに関わらず、建物の状態や仕上がりに契約と異なる部分は無いかどうか確認しましょう。内覧をして問題が無ければ、残金決済を行って引渡しになります。事前にお金もチェックしておきましょう。